« これが最後!DS争奪予想バトル(再掲) | トップページ | くぼっちの一口馬主奮戦記(5) »

2006.02.19

予想紙から馬・フェブラリーSを分析

今週は個人的にはだいぶ迷いました。
POKER的には傾向がハッキリしないこともあって、コレという馬が存在しない。ありきたりだが、東京マイルの実績くらい。
詳しくは本紙で

恒例の予想陣・3人印は、

カネヒキリ・・・

ありきたり・・・

シーキングザダイヤとサンライズバッカスは4人揃ってしまいましたので、ちょっとヤな予感。
それと、最近好調な涼子さんのポツン印は、
タイムパラドックスでした。

さてさて。

« これが最後!DS争奪予想バトル(再掲) | トップページ | くぼっちの一口馬主奮戦記(5) »

予想紙テイクラン」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

ホント、カネヒキリでしたね・・・
うぐぐ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1822346/48755860

この記事へのトラックバック一覧です: 予想紙から馬・フェブラリーSを分析:

« これが最後!DS争奪予想バトル(再掲) | トップページ | くぼっちの一口馬主奮戦記(5) »

馬twitter

無料ブログはココログ