« 森の調教情報【毎日王冠・京都大賞典】 | トップページ | 予想紙から馬【京都大賞典】 »

2006.10.07

くぼっちの一口馬主奮戦記(26)

先週はメテオグローリが二着争いを抜け出したら、遠く離れた一番人気馬までギリギリ届いてくれた。これで中央三勝目!能力はあの岡部さんも高い評価をしていると北村騎手のコメント。遅れた夏休みを少し取って、次走どこに挑戦するか楽しみである。

ここまでの道程は長かった。早くから厩舎でも期待され順調にレース迎えられるはずだったが、直前に不注意による事故。昨年の今頃は三歳未勝利にも出られず、とうとう中央の登録を外れた。再ファンドという形で地方名古屋競馬でのデビュー。ファンドなんて自分には関係ないと思ってたが、愛馬が実際に直面して初めて長い約款に目を通した。

規定の勝ち星や出走を叶えないと復帰は約束されない。地方にいってそのままの馬が殆どである。よく復活してくれた。今ファンドなかったらと思うとゾッとする。

そして今、ポリーマグーが境地にさらされている。昨夏の会員限定の募集馬である。府中の直線でしぶとく三着があるだけで惨敗を繰り返している。デビュー時少し評判になったが未勝利勝ちきれないと判断されると再ファンドかそのまま引退となる。

出来るだけ長く競走馬で活躍して欲しいが、このサイクルは年々早まっている。確かに維持費もかかるし早く処分して欲しいと考える輩もいる。決定を見守るしかないが、辛い。三歳未勝利戦が数える程になり福島は除外もある。

ヘンリーズフォーク、ルクシオンも最後のチャンスに向けてスタンバイ。そして日曜府中ではジークエンブレムがデビュー。兄はヨハネスブルク、一億を超す良血である。精神面で遅れたが何とか一つ勝って欲しい。周りでもこの馬に期待は大きい。馬体が減ってきてるが何とか耐えて!厩舎の勢いに期待します。

« 森の調教情報【毎日王冠・京都大賞典】 | トップページ | 予想紙から馬【京都大賞典】 »

競馬」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

ちょっと遅れましたが、
ジークエンブレムはおめでとうございます!
初出走ながらしぶとく粘ってくれましたね。
レースの入線直後、インフォメーションで
口取り待ちする人たちは実に
うれしそうでした。

私の方はですが・・・・
まあ、次は変わりますよ。

RYOさん、ありがとうございます。三歳未勝利はかなり運もありますが、時間かかりました。ホンマ。だからこそ嬉しい。関係者大変でしょう。福島運神だのみです。結局馬は時の運がある気がします。愛馬が一頭抹消ホンマ寂しくて今辛い時期です。何か切り替えられなくて。ごめんなさい、お互いガンバや。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1822346/48755963

この記事へのトラックバック一覧です: くぼっちの一口馬主奮戦記(26):

« 森の調教情報【毎日王冠・京都大賞典】 | トップページ | 予想紙から馬【京都大賞典】 »

馬twitter

無料ブログはココログ