« 森の調教情報【エリザベス女王杯・京王杯2歳S】 | トップページ | 予想紙から馬【エリザベス女王杯】 »

2006.11.10

くぼっちの一口馬主奮戦記(31)

先週の福島二歳ステークス、本当に悔しかった。

無事に走ってくれたらは本音だが、次には勝って欲しいと思うのも本音。次に確実にチャンスが来るとは限らないのが競馬の世界である。ゴール前差し切れたか微妙だったが騎手がアルシの首を撫でたので勝ったと思った。本人も勝ったつもりはよくあるが、中館も負けたと思ったというから相当際どかったのだろう。何より一瞬三連単が久々に当たったと糠喜びしてドッと疲れた。目先の十万も賞金の二万五千もはかなく夢と散った。やはり千二の馬かなぁ。

話変わって海外では角居厩舎のメルボルンワンツー。おめでとう!愛馬も続けと思った矢先にエリンズフォレストが引退。去年の夏から一年以上も屈腱炎での治療も身を結ばず残念な結果となった。調教師も期待が大きかった分、同じく無念だろう。

今週京都でペルフェットが出走。さすがに相手は強いし障害バンケットは厳しい。暮れの中山大障害に結びつく注目のレース。無事に走って欲しいが本音。中山のあのタフなコースを走らせたくない。無事に走ってくれたら、仕事で応援いけなくてゴメン。

最後にクラブの期待の血統馬を無料でプレゼントの件。
母のグディニアの仔の活躍を心待ちにしている。血統の良さから早めに引退し母となったのだから。母を何十口も持ってた既会員も複雑だろうが、仔が走ってくれるのは嬉しいはずです。いろいろ書きましたが素直に応援している。

スタッフの篠田さんには電話で複雑な会員の胸のウチを本音でぶつけた。
社の方針もあるがキッチリ対応してくれたし、いい人が多いクラブである事だけは間違いないです。この馬に社運がかかっている。

父クリスエスのこの馬が走ってくれたらサウスニアレースホースクラブはもっと素晴らしい馬を少しでも安く会員に提供出来るのである。入会金だけでなく馬代も無料!実は周りの馬仲間も新たに何人かサウスに加わる。これは嬉しい。こうなれば仲間は多い方がいい。もし興味ある人いれば是非一緒に応援楽しみましょう!

« 森の調教情報【エリザベス女王杯・京王杯2歳S】 | トップページ | 予想紙から馬【エリザベス女王杯】 »

競馬」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1822346/48755987

この記事へのトラックバック一覧です: くぼっちの一口馬主奮戦記(31):

« 森の調教情報【エリザベス女王杯・京王杯2歳S】 | トップページ | 予想紙から馬【エリザベス女王杯】 »

馬twitter

無料ブログはココログ