« 森の調教情報【東京新聞杯・根岸S】 | トップページ | 予想紙から馬【京都牝馬S】 »

2007.01.27

くぼっちの一口馬主奮戦記(33)

愛馬たちも長い正月休みとなりましたが、いよいよ始動で気合い入ってます。

日曜根岸Sにオフィサーが二ヵ月ぶりの出走となります。しかし今回は期待と不安が背中合わせ、難しいところです。まず不安なのは精神面です。グリーンウッドから帰って来た時から煩くてカリカリして調教どころではなかったそうです。こんな事は一度もなかったです。

根岸に賞金面で出れない可能性もあったので追いきり断念の空気もありました。 ところが調教はうまくいった様です。 この馬は調教どレースは結び付くので安心していいとも考えられますが、すべて順調とはいえません。

しかし、厩舎でも人気のシーキングザベストとも能力では甲乙つけがたいと高い評価でドバイのシャヒーンだかG1とゴドルフィンマイルも登録してる程です。もちろんフェブラリーに向けて賞金を加算したいので根岸は期待大きいはずです。

ジョイフルハートの回避もありがたい誤算。開幕週でトウショウギアあたりの先行馬に向く展開が予想されますが、気持ちの面さえ持ちこたえれば直線ブロードアピール並の脚で追い込んでくれる姿を夢見ます。ひと雨欲しいなぁ。まあ七番人気位ですから、掲示板には乗って欲しい。不安と期待で入れ乱れてます。

今週はアルシラートも出走。何とか勝ってクラッシックに。超久々サジターリオも復活します。ペルも障害でソロソロか。小倉出走の馬は時間かかりそう。やはりオフィサーに走ってもらわないと。森丼で美味しい配当期待してます。 サウスの新しい募集馬たち今年は魅力たっぷりのメンバー期待できますよ。

« 森の調教情報【東京新聞杯・根岸S】 | トップページ | 予想紙から馬【京都牝馬S】 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1822346/48756015

この記事へのトラックバック一覧です: くぼっちの一口馬主奮戦記(33):

« 森の調教情報【東京新聞杯・根岸S】 | トップページ | 予想紙から馬【京都牝馬S】 »

馬twitter

無料ブログはココログ