« 馬インフルエンザの影響・余波など 【3】 | トップページ | 馬インフルエンザの影響・余波など 【5:帰厩できない有力馬】 »

2007.08.19

馬インフルエンザの影響・余波など 【4:調教師のコメント】

以下、すべて19日付の朝刊より

●池江郎師「全体的に見ると、(大流行した)昭和46年の時の方が症状が重かったような・・・」
  (サンケイスポーツ)

●白井師「仮に札幌記念が来週になっても、フサイチパンドラの出走は可能。あくまで感染しないことが前提だが」
  (サンケイスポーツ)

●松田国師「ウチはみんな坂路を上がっているし、元気です」(ダイワスカーレット・フサイチホウオーはすでに帰厩済)
   (スポーツニッポン)

●音無師「(22日に帰厩予定だったヴィクトリーについて)せめて栗東に入れるだけでもできるようにならないか」
  (スポーツニッポン)

●松元茂師(ローブデコルテを管理) 「牧場で乗り込んでもらうしかない」
  (スポーツニッポン)

●石坂師「アストンマーチャンに症状は出ていない」
  (日刊スポーツ)

●某調教師 「金曜に小倉輸送でUターンしてトレセンに戻ったうちの1頭を検査したら陽性だった。同じ馬運車に4頭で行っていたので・・・」 
  (スポーツニッポン)


>最後のコメントなどは、早急に中止の判断をしておけば、と思わせるような話です。

« 馬インフルエンザの影響・余波など 【3】 | トップページ | 馬インフルエンザの影響・余波など 【5:帰厩できない有力馬】 »

競馬」カテゴリの記事

馬インフルエンザ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1822346/48756083

この記事へのトラックバック一覧です: 馬インフルエンザの影響・余波など 【4:調教師のコメント】:

« 馬インフルエンザの影響・余波など 【3】 | トップページ | 馬インフルエンザの影響・余波など 【5:帰厩できない有力馬】 »

馬twitter

無料ブログはココログ