« 馬インフルエンザの影響・余波など【6:週刊競馬ブックが発売中止】 | トップページ | 馬インフルエンザ・その後 »

2007.08.19

馬インフルエンザの影響・余波など【7:次週開催は23日までに判断】

時事通信が伝えたところによると、JRAは19日、次週(25、26日)の新潟、小倉、札幌各競馬の開催または中止を、遅くとも出馬投票のある23日までに判断したい考えを示したとのこと。

また、感染が明るみに出た16日以前の14、15両日に計17頭が陽性反応を示していたことも分かり、美浦、栗東両トレーニングセンターや各競馬場で陽性の競走馬は計129頭になった。


>どうして、このような内容がJRAのWebサイトで先に流れないのかが、理解に苦しむところだ。(19日21時現在)

« 馬インフルエンザの影響・余波など【6:週刊競馬ブックが発売中止】 | トップページ | 馬インフルエンザ・その後 »

競馬」カテゴリの記事

馬インフルエンザ」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。
そうですよね。まず今の現状がどうなのかという情報が主催者のJRAから発表されないというのはどうかと思いますね。
特別登録も出ましたが、正直来週やれるんでしょうかね。トレセンや競馬場にいる馬がクローズアップされてますが、もしかしたら牧場や民間施設に感染馬がいた場合を考えるととても今週末までに終息するとは思えないです。まずは全て安全が確認され、それから改めて日程を考えても遅くはないんじゃないですかねぇ。もし今度見切り発車してアクシデントが起きたら日本競馬が潰れかねないので慎重に事を進めてほしいです。
P.S
競馬ブックは休刊ですが、ギャロップは発売するみたいです。

同感です。
金沢競馬や福島の競走馬育成施設(名称不明)でもすでに感染しているようで、今週末というのは、ちょっと難しい気がしますね。

週刊ブック=専門紙の延長である限り、まず予想や情報ありきですし、それに、競馬ブックの休刊はかなり現場サイドに近い姿勢(すでに無理と判断している)なのではないかと思います。

その点、ギャロップは、同じグループであっても必ずしも=エイトではないですし、予想オンリーではないので発売するでしょうね。その分、どんな記事を掲載するのかと、ちょっと注目しています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1822346/48756086

この記事へのトラックバック一覧です: 馬インフルエンザの影響・余波など【7:次週開催は23日までに判断】:

« 馬インフルエンザの影響・余波など【6:週刊競馬ブックが発売中止】 | トップページ | 馬インフルエンザ・その後 »

馬twitter

無料ブログはココログ