« 久々に見せつけられた北九州記念 | トップページ | 馬インフルエンザ発症馬、散見により競馬開催へ努力 »

2007.08.16

馬インフルの疑いで開催に影響へ

JNN系のニュースで見たところだが、JRAは16日、美浦・栗東の両トレセンで馬インフルエンザに罹患した疑いのある馬が確認されたことを発表したそうだ。

 陽性となれば馬の移動が止められるため、現在見合わされており、18日、19日の競馬開催については16日中にJRAから発表される予定で、JNNニュースの伝えるところによると、仮に中止となった場合、長期化する可能性もあるとのこと。昔と違って今は予防体制が充実しているはずなので、大事に至らないことを願います。

追記
ラジオNIKKEIのwebサイトでは、16日午後1時30分よりJRAが説明会を行うと報じている。理事長が変わるときに、この事態とは。

また、16日の旭川競馬出走予定のJRA所属馬はすべて競走除外となった。

« 久々に見せつけられた北九州記念 | トップページ | 馬インフルエンザ発症馬、散見により競馬開催へ努力 »

競馬」カテゴリの記事

競馬ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1822346/48756074

この記事へのトラックバック一覧です: 馬インフルの疑いで開催に影響へ:

« 久々に見せつけられた北九州記念 | トップページ | 馬インフルエンザ発症馬、散見により競馬開催へ努力 »

馬twitter

無料ブログはココログ