« また酒井学が | トップページ | と、言ってたらフジキセキのワンツーだった »

2008.03.30

ドバイ・日本馬が残念ななかフジキセキ産駒が

日本馬は残念な結果となってしまいました。

ドバイWC、ヴァーミリアン12着
デューティーフリーはウオッカ4着惜敗・オーラ9着
UAEダービー:イイデケンシンは8着

ヴァーミリアンの大敗は何かアクシデントがあったのかも知れないが、何もないことを祈ります。
ウオッカは見せ場タップリでした。

ナルアルシバの芝はよほどサンデーの血が合うのか、フジキセキ産駒のサンクラシークが勝利の座に。
驚きました。

南アフリカ勢の強さにもビックリ。

WCのカーリンはモノが違う感じでした。

こうして生で見られるのは嬉しい限り。
(関係者の方々に感謝)
世界の競馬が近く思える(逆に遠くにも感じてしまうこともあるけど)。
一度はLIVEで見てみたいものだ。

« また酒井学が | トップページ | と、言ってたらフジキセキのワンツーだった »

競馬」カテゴリの記事

競馬ニュース」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。
今回は日本馬にとっては残念な結果でしたが、競馬はいまや世界中に広がってるんだなあというのを感じましたね。
それにしてもあれだけ日本で短距離からマイルでしかG1勝ち馬を出してなかったフジキセキ産駒が2400のG1を勝つとはねぇ。(明日高松宮記念でフジキセキ産駒
のファイングレインを本命にしたものにとっては何とも複雑・・・笑)
それも南アフリカ産馬というのが驚きですよ。去年デューティーフリーでアドマイヤムーンの2着だったリンガリといいドバイと南アフリカ産って結構相性いいんですよね。
一度どんな調教をしてるか日本の関係者も視察に行くのもありかもしれませんね。

>競馬はいまや世界中に広がってるんだなあ
同感です。
本来、SSもアメリカから来たと言ってしまえば、元も子もなくなってしまいますが、
フジキセキは日本産ですからね。

産駒はこれまで日本ではSS直仔に
押されていたと考えると
(繁殖牝馬含めて)
海外で花開くこともあり得たのかも。

あまりチェックできてなかったのですが
南アフリカ産は侮れないですね。
ホントどんな環境なのか
興味があります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1822346/48756173

この記事へのトラックバック一覧です: ドバイ・日本馬が残念ななかフジキセキ産駒が:

« また酒井学が | トップページ | と、言ってたらフジキセキのワンツーだった »

馬twitter

無料ブログはココログ