« 大荒れ秋華賞 | トップページ | JBCはTV観戦 »

2008.11.02

今ごろ天皇賞(秋)の話ですが・・・

現在の更新状態では全く想像できないとは思いますが、
これでも競馬自体にはいまだ漬かってる状態ではあります。

そんな時に限って、日々の仕事や作業自体は
忙しくなったりするので、不思議なもんです。(と言い訳)

ちょっとずつ振り返って更新していこうかと(できるか?)。
で、今ごろ秋の天皇賞。

本当何年ぶりかに見た激戦のG1レースだった。
たった2cmのハナ差が運命を決めてしまう。
それも牝馬2頭がレコードで。

馬自体は何もわからないと思うのだけど
それがあたかも2頭の意思で争っているかのように感じるとき、
まさにレースの凄みがそこにあるのだと思う。

もちろん、騎手の腕、馬を仕上げてきたスタッフの努力も忘れてはならない。

実際のところ、ウオッカもダイワスカーレットも古馬となっての強さには
いまだピンと来ていなかった。

特にダイワスカーレット。
休み明けで、初の東京芝2000。
にもかかわらずのレコード決着は、ダイワが作り上げたものだけに
強さを思い知らされた。今ごろ。

武豊のあんな血の気を失ったような表情は初めて見たかも。
ウオッカではなかなか結果が出ていなかったこともあって
あれだけ歴戦の美酒を味わってきた騎手でも
戸惑いの後、心底嬉しそうな表情を見せたことが印象深かった。

簡単にドラマドラマと言いがちだが、このレースなら許されるだろう。
わずか一瞬の差に、いろんな人たちの多くの思いが凝縮されたようなレースだった。

« 大荒れ秋華賞 | トップページ | JBCはTV観戦 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1822346/48756214

この記事へのトラックバック一覧です: 今ごろ天皇賞(秋)の話ですが・・・:

« 大荒れ秋華賞 | トップページ | JBCはTV観戦 »

馬twitter

無料ブログはココログ