« 朝イチに強いのは?(新潟1R・騎手成績) | トップページ | 朝イチに強いのは?(新潟1R・調教師成績) »

2010.08.07

朝イチに強いのは?(小倉1R・調教師成績)

騎手では1Rに強い朝型ジョッキーを探していたが
出走馬の管理厩舎の成績を調べていると
ローカルのさらに1Rでは、違った特有の流れがあることがわかる。

まずは過去3年のベスト20を。

順位 調教師 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1 (栗)川村禎彦 4- 2- 1- 4/11 36.4% 54.5% 63.6%
2 (栗)湯窪幸雄 2- 1- 2- 3/ 8 25.0% 37.5% 62.5%
3 (栗)安田隆行 2- 1- 1- 4/ 8 25.0% 37.5% 50.0%
4 (栗)野元昭  2- 0- 1-18/21 9.5% 9.5% 14.3%
5 (栗)中尾正  2- 0- 1- 0/ 3 66.7% 66.7% 100.0%
6 (栗)飯田雄三 2- 0- 0- 2/ 4 50.0% 50.0% 50.0%
7 (栗)飯田明弘 1- 3- 1- 4/ 9 11.1% 44.4% 55.6%
8 (栗)山内研二 1- 2- 1- 7/11 9.1% 27.3% 36.4%
9 (栗)大根田裕 1- 2- 1- 8/12 8.3% 25.0% 33.3%
10 (栗)松永昌博 1- 2- 0- 1/ 4 25.0% 75.0% 75.0%
11 (栗)谷潔   1- 1- 2- 5/ 9 11.1% 22.2% 44.4%
12 (栗)橋口弘次 1- 1- 2- 3/ 7 14.3% 28.6% 57.1%
13 (栗)梅内忍  1- 1- 1- 9/12 8.3% 16.7% 25.0%
14 (栗)松永幹夫 1- 1- 1- 5/ 8 12.5% 25.0% 37.5%
15 (栗)宮本博  1- 1- 1- 2/ 5 20.0% 40.0% 60.0%
16 (栗)吉岡八郎 1- 1- 1- 2/ 5 20.0% 40.0% 60.0%
17 (栗)福永甲  1- 1- 0-12/14 7.1% 14.3% 14.3%
18 (栗)小島貞博 1- 1- 0- 6/ 8 12.5% 25.0% 25.0%
19 (栗)浅見秀一 1- 1- 0- 3/ 5 20.0% 40.0% 40.0%
20 (栗)鶴留明雄 1- 1- 0- 3/ 5 20.0% 40.0% 40.0%


過去3年ということで、すでに引退した調教師も含まれているが、ご了承下さい。
また、のべ数であって、同じ馬の成績が含まれていることにもご注意を。

夏のローカル1R、特に小倉では1000~1200mのレースが多いこともあって
ここに出走意思を示す厩舎に特徴がある。


1位は川村厩舎。
のべ11頭出走して、4- 2- 1- 4 と   
勝率 36.4%  連対率 54.5%  複勝率 63.6%
の抜けた成績を示している。

2位・3位の湯窪・安田隆 厩舎も安定した結果を出している。

ちなみに、8日(日)の1Rにも
川村厩舎のエーシンチャージ、湯窪厩舎のエーティーガンダムが出走していて
これらの結果にも注目したいところ。


また、皆さんも何となく感じているだろうが、
この時期の小倉1レースでは、いわゆるリーディングを争う厩舎の
出走が少ないことがわかる。 

過去3年、松田国厩舎の出走はなし。

あとは、
松田博厩舎 0- 0- 1- 0
音無 厩舎  0- 0- 0- 2
角居 厩舎 0- 0- 0- 1

といった具合である。

先に述べたようなレース条件や、札幌・函館重視の方針もあるかも知れない。

有力厩舎が出てこない場所を狙っているかのように、小倉の夏の1Rでは、
ここに力点を置いた厩舎たちによる闘いが繰り広げられているのである。

« 朝イチに強いのは?(新潟1R・騎手成績) | トップページ | 朝イチに強いのは?(新潟1R・調教師成績) »

分析1R」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1822346/48756278

この記事へのトラックバック一覧です: 朝イチに強いのは?(小倉1R・調教師成績):

« 朝イチに強いのは?(新潟1R・騎手成績) | トップページ | 朝イチに強いのは?(新潟1R・調教師成績) »

馬twitter

無料ブログはココログ