« 朝イチに強いのは?(新潟1R・調教師成績) | トップページ | 久々に集結するか、予想紙から馬。しかもUSTで? »

2010.10.14

毎日王冠・京都大賞典の結果から

毎日王冠がアリゼオ・エイシンアポロンの3歳馬ワンツー、
3着は7歳のネヴァブション、
京都大賞典が牝馬の1着3着に、
2着には5歳G1馬で、
ウオッカと接戦したオウケンブルースリが突っ込んできたことを考えると、

年初に書いた「今年のテーマ」もあながち間違ってはいなかったような気がする
(だったら取れよ、という話だけど・・・)


3歳馬は突出して強いわけではなく、例年の3歳よりはレベルが上といった感じかも知れない。
それくらい4~6歳の牡馬が弱いのではないだろうか。
戦えるのは、思いつく限りではドリームジャーニー・オウケン・ナカヤマフェスタくらいか。
(ナカヤマフェスタについては、人気をかぶったときのレースがどうなるか)

基本的に、今年の秋から来年の春までの古馬中距離以上の牡馬については
3歳か7歳を中心に考えておいた方がいいと考える。

強い牝馬がどのような路線で出走するかによって、
レースの質や見た目も変わってくるだろうから、
そのあたりの見極めが大切になってくるだろう。

さしあたっては、秋の天皇賞がどのようなメンバー構成となるのか
注目してみたい。

« 朝イチに強いのは?(新潟1R・調教師成績) | トップページ | 久々に集結するか、予想紙から馬。しかもUSTで? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1822346/48756280

この記事へのトラックバック一覧です: 毎日王冠・京都大賞典の結果から:

« 朝イチに強いのは?(新潟1R・調教師成績) | トップページ | 久々に集結するか、予想紙から馬。しかもUSTで? »

馬twitter

無料ブログはココログ