日記・コラム・つぶやき

2012.10.07

初めて応援するかもしれない、オルフェーヴル

オルフェーヴルが凱旋門賞に出走する。

ディープのときも応援はしていたが、
期待度ではこちらの方が上かも知れない。

父ステイゴールド、母父メジロマックイーンという血統は
これまでの競馬歴のなかで、愛着ある組み合わせだから。

が、そんな自分にとって申し分のない血筋なのに、
実のところ、オルフェーヴルをこれまで心底 応援したことがない。

気になり出したのは、
古馬になって、やんちゃで賢い?性格のせいか、
さらに制御不能となった頃からだろうか。

これは、全兄のドリームジャーニーからそうだ。
中山や阪神だけに狙いを定めるかのような出走方針、
鞍上の好み(こればかりは、人間だから仕方ない)もあって
その型にはめたような、起用法や乗り方が好きではなかった。

ドリームジャーニーはよく我慢したな、と思う。

が、弟は違った。

なかなか言うことをきかない(笑)
型にはめようとすると、反抗するようになってきた。
最近は日本の競馬を舐めるようになってきたのではないだろうか。

父ステイゴールドが海外で力を発揮したように、
オルフェーヴルもまた、環境が変わることで
闘争心を素直に出してくるような気がする。

鞍上もスミヨンに変わり、オルフェーヴルの個性を
巧く引き出してくれるだろう。

大外枠の18番が苦しそうだが、
それだけに応援のしがいもある。
今夜のレースは、注目しないではいられない。

2012.02.06

かなりのご無沙汰でした

ツイッターなどをはじめてから
ブログを書く習慣がまったくなくなってしまいました。
いけませんね。

もちろん、普段の生活で土日も仕事してることが多い、
という理由もあって、
馬サイトの方も、Win5と穴馬POGで精いっぱいの状況でした。

馬友とのおつきあいが、かなり減ったことも原因かも。

競馬をやめた訳ではないのですが
自分の意識が、書いたり更新したりすることに
向かなかった感じです。


そんなこんなで、馬券は現在、単複中心に
ちまちまと買っております。

以前からレイティングを使った買い方をしてましたが
利益を出すには、そこそこ配当がよくないといけません。

で、最近、ちょっと絞った買い方をしてみようと思ってます。
それを通していけば、何か利益が出そうな気がしているのです。

最近、大手競馬雑誌でもレイティングを用いた予想法が出ているみたいですが
個人的にはかなり前から取り組んでいるので
マネしているつもりはありません。

しかも、中身を見ていると、アナログと言いつつ、かなり複雑に取り組んでいたり
数値の絶対化を考えている手法が目立つので
個人的には、もっとシンプルにやればいいのでは?と
思っています。

基本、数値は目安です。
具体的にどれだけ大きいとか、小さいとかは、問題にせず、
(実際の予想法確立となると、レースレベルなどの考慮もいるでしょうが)
生き物が走り、展開に左右される競馬なのですから
漠然とした数値の把握の中で、
展開や条件など、他の要素を絡めながら
極めてアナログに考えます。

そのなかで、好配当につながる手法、
しかもレース(馬)を絞る手法が少し見えてきたので
これから少し、その辺りにこだわったコラムを書いていきます。

そんなことか、とか、前にもやってたな、とか言われるかも知れませんが(汗)
個人的には、得意なこういう考えで行くしかないのかな、
と考えています。

またどうぞよろしく。

2010.11.04

久々に集結するか、予想紙から馬。しかもUSTで?

まだ予定の話ですが、11月6日(土)の昼間
久しぶりに「予想紙から馬」のメンバーだった何人かと
お会いできるかも知れません。

その模様を今流行りのUSTREAMで配信できれば
実行してみたいと考えています。

どんな形になるのかは当日までのお楽しみに。

番組のチャンネルページは用意していますので
リンクをはっておきますね。どうぞよろしくお願い致します。

http://www.ustream.tv/channel/keiba-takerun

2010.10.14

毎日王冠・京都大賞典の結果から

毎日王冠がアリゼオ・エイシンアポロンの3歳馬ワンツー、
3着は7歳のネヴァブション、
京都大賞典が牝馬の1着3着に、
2着には5歳G1馬で、
ウオッカと接戦したオウケンブルースリが突っ込んできたことを考えると、

年初に書いた「今年のテーマ」もあながち間違ってはいなかったような気がする
(だったら取れよ、という話だけど・・・)


3歳馬は突出して強いわけではなく、例年の3歳よりはレベルが上といった感じかも知れない。
それくらい4~6歳の牡馬が弱いのではないだろうか。
戦えるのは、思いつく限りではドリームジャーニー・オウケン・ナカヤマフェスタくらいか。
(ナカヤマフェスタについては、人気をかぶったときのレースがどうなるか)

基本的に、今年の秋から来年の春までの古馬中距離以上の牡馬については
3歳か7歳を中心に考えておいた方がいいと考える。

強い牝馬がどのような路線で出走するかによって、
レースの質や見た目も変わってくるだろうから、
そのあたりの見極めが大切になってくるだろう。

さしあたっては、秋の天皇賞がどのようなメンバー構成となるのか
注目してみたい。

2010.06.19

雨は上がっていた・・・ならば

雨競馬でも何でもなく
阪神も福島も芝は良で行われている。
馬の前に、天気の予想が外れてガックリである。

ならばと、阪神芝でのグラスワンダーを狙いたい。
と言ったところで、6Rでミキノバンジョーに来られてしまった・・・。

8Rの500万芝2200mで
マルカゴクウとシゲルアンビシャス、

メインのストークS(1600万・芝1600m)では
シゲルハスラットとマイネルクラリティが出走。

阪神芝とグラスワンダー産駒の相性がいいので
開幕馬場こそ狙ってみたいところ。

でも両方来るってことは・・・?

ホントはストークS、
前走1200mで珍しく差す競馬を見せたセトノアンテウスも気になっている。
タフな馬を作ってくる鮫島厩舎だけに、阪神は好材料。

相手なりに安定した走りを見せていた同馬だけに、
今ならマイルでも対応可能かも知れない。

2010.06.18

雨競馬

雨模様の週末。
開幕馬場の阪神・福島だと、コンディションも影響ないかもしれないが、
やはり降水量が増えると渋化は免れないだろう。

雨に強い、弱いというのも、馬の個性。
馬場はともかく、雨に濡れるだけでご機嫌を損ねる馬もいるらしい。

こういうのが、今の自分には面白い。
該当馬があれば、即ご一報ください(笑)


血統的には、忘れられた頃のオペラハウス・タイキシャトルを狙いたい。
どちらも芝のレースで。

と言っても、19日の阪神ではあまり出ない。
ストークSで母父にオペラハウスのスーパーワシントンがいるが果たして・・・。
小豆島特別ではホシシャトル(タイキシャトル)が連闘で。

福島では、2Rノーブルエース・6Rモリナリ・10Rヒビケジンダイゴがオペラハウス産駒。
ヒビケは人気だけに、狙いたいのがモリナリ。関西馬(吉田厩舎)である。


アナモリの妹だけにダート適性が強いのかも知れず、
2戦目の重馬場では着外ということで、
ここへ来て調子を上げてきた、という材料があれば、一発あるかも。

ヒビケは単で勝負かな?

2010.06.12

新しい展開へ

ダービーが終わり、注目は2歳馬へと向かっているところでしょうが
私自身は、新しい展開を目指そうと考えています。

詳細はまだ明らかにできませんが、
これから協力者を見つけながら、
楽しくやっていきたいと思います。

そのため、予想紙はしばらくお休みさせていただき
ブログは不定期ですが、更新していこうと思いますので
どうぞよろしくお願いします。

2010.05.31

ウチパクの思い切りの良さが決め手?

今年のダービーも見事に外しましたが
途中であれ程ペースが落ちるとは。
直線の瞬発力勝負となってしまいました。

これなら皐月賞組(着順が違うとは言え)が来ても仕方ないところか。

昼間にVTRで見た騎手紹介では
内田博幸は今回もバクチュウやってたのだ。
ケガもしてたのに、そんなことやってどうするんだ、と首をかしげてしまった。

他のジョッキーたちは、昨年とは違って
全く慎重、というか普通の現れ方。
(和田の欽ちゃんおどり?くらいか)

でも、結局その辺の気合の出し方の違いもあったのかな?
と結果的に思えたり。。。

もちろんバクチュウをやれば勝てるというわけではないけど
気持ちの出し方、体調の充実さが、そこにはあったのかも知れない。

そんなことを終わってから考えていた。

で、来年のダービーは府中で見たいなぁ、と思うのであった。
いろんなことが起きそうな気がしてならないのだ。今から。。。

2010.05.29

1着同着馬のその後

いろいろ考えた末、メルマガを一時休止することとしました。

本来は、皆の持っている感性が1つの力になれば、という思いがあったのだけど
最近、どうもその意義がなされていないように感じたのと、
自分がやろうとしていることに専念したい気持ちもあったので。

楽しみにされていた方がいらっしゃったら、どうもすみません。

とにかく、いろんな意味で、今はもう自分でやらなくてはいけないのだろうと思っています。


で、最後のメルマガで書いた内容から出発という意味で、ここでも記しておきます。

--------------------------------------------------------------------

  先週のオークスでは、G1史上初の1着同着という結果に終わりました。
  優勝騎手2人が抱き合うシーンはなかなか感動的でしたが、実は1着同着
  という結果は、その後の競走馬にとってあまりよろしくない、というデー
  タがあります。(勝手に私が言っているだけですが・・・)また、全くそ
  の裏返しの特徴も。

  以前、1着2着がハナ差の際どいレースを調べていたときに気づいたので
  すが、オープン以上のレースの中から拾ってみると以下のとおり。

--------------------------------------------------------------------
  1988  阪神大賞典  タマモクロス     天皇賞・宝塚記念を連勝  
            ダイナカーペンター  1年間スランプあり

  1992 帝王賞   ラシアンゴールド   帝王賞が5連勝目。
                       その後勝てず引退 
            ナリタハヤブサ   次走・武蔵野S勝利後は勝てず。

  1992  京都3歳S エルウェーウィン   朝日杯勝ち後4年勝てず 
            マルカツオウジャ   5年勝てず引退

  1997  平安S    シンコウウインディ  次走・フェブラリーS優勝。
                       その後勝てず引退
            トーヨーシアトル   フェブラリーS11着惨敗。 
                       その後は主に地方へ。

  2001  京成杯    ヤマニンセラフィム   その後3戦し、
                        いいところなく引退 
            ローマンエンパイア   その後1年勝てず。
                       (ともに3歳G1に縁なし)

  2007  阪急杯    プリサイスマシーン   その後は勝利なく引退 
            エイシンドーバー    2戦目の京王杯勝ち後は勝利なし。

--------------------------------------------------------------------

  馬自体が1着同着という事実を理解していることはないでしょうが、
  その後の戦績は、突如不振となる馬が多いのです。
  競走中に目一杯走った後の反動が、後から出てくるのかも知れません。

  エルウェーウィンやシンコウウインディにおいては、次走のG1こそ勢い
  で勝ったものの、その後のレースでは極度のスランプに陥っています。

  唯一の例外はタマモクロス。真の強豪馬はストレスなど関係ないのかも。


  さて、アパパネとサンテミリオンの2頭はどんな戦績を辿っていくので
  しょうか。

  感動の勝利に水を差すようで申し訳ないのですが、これらのデータを掴
  んでいただけに、気になるところ。 ただの偶然であればいいのですが。

--------------------------------------------------------------------

2010.05.23

TVで知った赤いスーツの厩務員

競馬はボチボチどころか、最近またいろいろやっております。
馬券はともかく、とにかく見てる。
久しぶりにいろいろ考えている。


そういう話はまたにして、
オークスのパドックをTVで観ていたら、
ショウリュウムーンの厩務員がやたら目立っている。

いかにもG1用にどこかから急遽買ってきたような(失礼)
際立った赤いスーツ。

この顔、どこかで見たことある!

よく見たら、以前、小野厩舎にいた北岑厩務員ではないですか。
最近ブランクがあったりしたので、
佐々木晶厩舎にいるなんて、全く知らなかった。
ごめんなさい。

かつて、サークルその名もテイクランを結成当時、
仲間の友人が北岑くんだった。

彼らからスリートウショウを教わり、
マイネルダイナモを応援するようになったきっかけを作ってくれた人だ。

それだけに、ショウリュウムーンには急に勝ってほしくなったのだが・・・(汗)

あくまで想像だけど、
あれから彼もいろんな局面に遭いながら、ここまで来たんだろう。

まだまだチャンスはあると思うし、
私も刺激を受けながら、注目していきたいと考えている。

馬twitter

無料ブログはココログ