競馬小ネタトピ

2009.12.03

武豊アドマイヤ騎乗はひょんなことから?WSJS

メルマガでブンブンさんが述べていた
武豊がアドマイヤの新馬に乗る噂が
ひょんなところから、真実味が出てきたような。

2年半ぶりの騎乗とはあるが、
調べてみると
07年のWSJSで武豊が出場していて、かつアドマイヤの馬は出走していたことはあるので
こういう可能性はあったわけだ。
(ま、そこまでナーバスな問題ではなかったという話もあるが)

しかし、この偶然?をきっかけに
今後の騎乗がなし崩しに行われる可能性も出てきたような。
東スポの平林氏のコラムにも注目ですな。

WSJS、なし崩しと言えば
それ以上に気になっているのが、ジャパンカップ30回を記念して
来年のワールドスーパージョッキーズシリーズを東京競馬場で開催する件。

確かに東京競馬場で世界の名騎手の騎乗ぶりを見たいとは思うし
年ごとの場所交替くらいならいいか、と思うが、JRAは1回きり、試験的と見せかけて、
「好評なので」という名目で必ず実施する傾向にある。
結局、ずっと開催するような気がしてならない。

そうなれば、関西のファンとしては残念なこと。
ジャパンカップダート阪神開催の裏に、そんな思惑があったのか、とも勘ぐってしまう。
JCダートをこのまま阪神で続けたとしても、その存在意義も危うい。
個人的にはJCダートと阪神ジュベナイルF、WSJSを一緒にやれば盛り上がると思うのだが。

以前からそうではあるが、ダービー週を中京開催、最近は西のメインを10レースとするなど
東中心の向きは著しい。
関西ファンの勝手な思いだけど、ちょっと気がかりなところだ。

2009.04.26

二つ玉低気圧、48時間の大穴

大阪在住だが、今朝はあまりの風の強さに目が覚めた。
と同時に、あっこれか、とひらめいたことがある。

かなり昔に読んだ、気象予報士斎藤義雄さんのコラムだ。

「春の前半、低気圧が日本海と太平洋と2つ現れて、
日本列島を挟み込む『二つ玉低気圧』が大穴ファンにとってはとっても嬉しい状況」

で、「およそ2日間にわたって超大穴が出続ける特徴がある」とか。

1)この気圧配置になる直前の半日。南からの高気圧に覆われて、暖かい南風が吹き込んでくる
2)この気圧配置がやって来ると、全国的に深い気圧の谷に入ってしまい、気温が急下降。
3)低気圧が東へ去った直後の半日。今度は強い北西風が吹いてくる。

今回、土曜(4月25日)が2)にあたり、今日(26日)が3)となる。
昨日は雨ということもあったが、馬場が少し回復したとしても
今日のような強風は、「馬は風の音や舞い上がるゴミが怖いので、かなりの精神的な負担になる」とのこと。

昔からこのコラムが大好きで、切抜きとして置いてたのを引っ張り出してきたのだが、
ただ、「どんな馬が穴を開けるのか」が書かれていないのが残念。

精神的に鍛えられてそうな馬、自分なりに考えて取り組む必要があるか。
パドックか、厩舎の調教方針か、それとも・・・。

(もし、パドック予想の人が調子がいいのは
こういう条件の場合ってことはないだろうか、とも。)


と、思ったら、別のコラムに
「強風の影響を受けにくい位置取り」(特に横風)について、こんなことが。

「向こう正面はとにかく馬ごみの中で我慢、3~4コーナーで内に入り、直線最内を通り、
ゴール前インから抜け出す、そうすれば強風をほとんど受けずに競馬ができる」

競馬場による風向きによって違うかも知れませんが、
今日の競馬、真ん中より内目の枠で人気薄の馬が絡むとしたら、こんな理由かも知れません。
注意して見てみましょう。

2009.03.27

下世話な話ですが

大阪ローカルのNHK深夜、
日曜晩によくお笑い番組を観ているのだが
その司会だった堀あかりちゃんが辞めるという。。。

何で?と思ってたら、結婚しておめでたとか。
関西テレビの夕方のニュース番組でもよく観ていたので
ええ!おめでた?とか思って、よく調べたら

相手が池添騎手・・・って、

今まで知らんかった。coldsweats01

遠い昔の話だったみたいで。

で、全く違うルートで
大阪の某ホテルでJRA関係のパーティーがあると聞いていたのだが、
これが、お二人の披露宴だったということに、この時気づき、
二度驚いたのだった・・・

ミーハーな話ですみません。


さて、今週は高松宮記念にドバイと
競馬も一気にG1ムードで楽しみたいですね。

予想バトルは準備が間に合わず、
桜花賞あたりからの予定です。

それと、現在新しいプロジェクト?を進めているところで、
スタートの際はあらためてお知らせします。

2009.02.23

草野仁の「スーパーひとしくん」馬券に仰天

グリーンチャンネル「競馬場の達人」に出ていた草野仁氏。

この人、これほどまで豪快な馬券の買い方をする人とは知らなかった。
実は前にも一度出演していて、その際は50万負けたらしいが
今回も前半10万儲けるものの、その後負け続け、同じ展開に。

そりゃ、1レースで3連単に数千円単位で20点くらい買うのだから
外れればそうなるのは必然でしょう。

前日の予想どおりに買ってたら当たってた、というのが
3レースくらいあり、それがまた、ある意味スゴイ。

予想は、この番組にありがちな出目とかなどでなく
調教欄をしっかり読みこんだ内容というのは本格的で、見ていて嬉しくもあった。

で、最終。
10番人気の馬を軸に単複、馬連、3連複などをどっさり購入で最後まで大勝負。

この軸馬が、今回は何と2着!
複勝を3000円、3連複を2000円でGETしたではないですかっ。。。

最終的に98万もぎ取り、大幅プラスなのでした。

豪快です。
こんな人とは思ってなかったので、驚きも大きかった。
ホント、スーパーひとしくん馬券なのであった。

2009.01.04

競馬新聞も450円

週刊の競馬ブックが650円、Gallopが700円となったことは
すっかりスルーしてしまってたが(気のせいか、最近はGallopが売れ残ってるような気が・・・)
ついに競馬新聞が450円になってしまった。

昨日、大阪駅の売店で、まだ入ってホヤホヤとわかるような、
ヒモで束ねられたままの競馬ブックを買い求めた。
わざわざそこから引っこ抜いてくれた売店のお姉さん、
レジに張ってあるメモを確かめているようだった。

「今週より450円」と横から見えたので
「今日から値上がりやねんね」と言いながら450円支払うと
「その分、稼いでね」と言われる。

競馬と全く関係ない場所でこんな声をかけられたのは初めて。
ちょっと気分がよかったり。ん?

にしても、私が競馬を始めて頃は350円だったっけ・・・。
どうだったかな、ちょっと忘れてしまったけど
ついに450円って、月およそ3600円の出費だ。
2場、裏開催もとなると、2倍3倍にもなる。

ホント、その分も稼がないと・・・。

2008.12.03

ハマノバレンタインは2/14出走?

たまたま大阪・毎日放送のVOICEを観ていたら
次のスターホース登場?と、額にハートのエースheartが記された2歳馬、ハマノバレンタイン(服部利之厩舎)が紹介されていた。
http://db.netkeiba.com/horse/2006101007/

デビュー前の2歳馬が、一般のメディアで取り上げられたのは珍しいのでは。
年明けデビューということで、何と2月14日は土曜日、つまり開催日。

服部調教師も、「おお、そうですか、では2戦目はぜひ」と笑いながら答えていた。
もちろんジョークだろうが、インタビューはそこだけ流すって、あまりにも乱暴ではないかい?
絶対、信用する人がいると思うけど・・・。

でも、ホントだったらコワイかも。

2008.10.19

大荒れ秋華賞

ブラックエンブレム、ムードインディゴ、プロヴィナージュで大荒れ秋華賞。1000万。

終わってから知ったことだが、プロヴィナージュ出走によるポルトフィーノ除外の件で、
調教師のブログも大荒れだったそうで・・・。

ある意味、そのことがサトテツに火をつけたか impact ? 

2008.09.09

装蹄師の1頭あたりの報酬は?

昨日、UHFの「21世紀テレビ検定カルチャーSHOWQ」で競馬の特集をやっていた。この番組、競馬を組むのは2回目である。

今回は、今注目の三浦皇成騎手への密着取材や、馬具に携わる関係者の仕事ぶりが流れていた。

で、その中でカリスマ装蹄師の西内荘師も取材していたのだが、テロップで「1頭あたり2万円の報酬、1日30~50頭くらいを担当する」と出ていたのだ。

2万円×30としても、1日60万って・・・。
さすが、職人というべきか。

2008.08.09

「このレースには無投票の組があります」

さっきグリーンチャンネルで小倉2Rを見ていてビックリ。

ゴールするや否や、こんなテロップが流れたのである。
レースを真剣に見ていなかったので、「どんな結果になったんや~!!」とあわてて新聞を広げてしまった。

勝ったのは4番人気(3)シゲルキボウ、2着に2番人気(11)メイショウユウシャ、10番人気の(2)カシノシンケンが3着という組み合わせ。

はて・・・?

こんな組み合わせは誰か買ってるだろう。案の定、3→11→2 は1258倍だった。

4着は12番人気(4)ミスターマンデラだったが、例え審議とかで着順が変わったとしても、1着2着がこれなら無投票なんてことはないはず。
(実際、11→2→4 で2381倍、 3→2→4 で7663倍 )


「特払いの可能性がありますので、
お持ちの勝馬投票券は大切にお持ちください」

と、グリーンチャンネルでも盛んに言ってくれるが、
何のことはない、「そのレース内に無投票の組がある」だけのことだった。

どう考えても、特払いになんてならんやろ!
と、思わず突っ込みを入れてしまう。

しかし、ここまで可能性が低いのに、ゴール入線後にそんなテロップを出さなくてはいけないとは、JRAのトラブル対策への敏感さを垣間見た次第である(やや過剰?)。スタート時間を少々ずらしてでも、締め切って発走するまでの間に言ってもらえると、レース観戦も盛り上がるし、ヘンな誤解を招かないでいいと思うのだが。


ところで、無投票の馬券とはなんだったのか?

16頭立てであった、単勝の下位人気は以下のとおり。

13人気 (9)  スズカワイルド
14人気 (10) チェリーバッハ
15人気 (6)  ウイントゥルース
16人気 (12) アリオンシチー 

今(レース終了1時間後)、ざっと調べたところ、8とおりほどあったのだが、

12→6→16
13→12→16
13→12→10
12→13→10
 6→12→5
 6→12→14
 6→12→16
 9→12→8

という具合で、考えられる話ではあるが、必ずしも単勝人気がそのまま当てはまっているわけではないところが興味深いところ。16番人気→15番人気の1着2着では、ウラが3とおりの割りに1つしかなかった。

また、9番人気(13)ウォータールフランが単勝では9番人気とやや売れてながら、3連単無投票でのアタマが2つもあることにも注目したい。

馬主の大量買いか、鞍上の酒井学人気なのか、何かしらの理由で単勝だけが異様な売れ方をしているのだ。
ここからも、3連単の穴馬券を単勝人気から当てはめて買ってはいけないことが言える。


ここ最近調べものをしていたら、1Rの馬券売り上げがそこそこある割りに、2Rでガクンと落ちるのをよく見かける。このレースで無投票が起きたのは、そういったことも一因だろう。

今回はまだ確認していないが、単勝と3連単との違いなどによる、オッズの揺れ動きは、分母の小さなレースでこそ、大きくなるように思う。

1レースは頭数が少なめの未勝利戦が多い。
新馬と違って経験馬だけにデータもそこそこあるし、「朝の1レースだけは」という買い方をするファンもいることで、比較的まともな売れ方をする。ということでオッズにも紛れが少なくなる。

したがって、午前中、3連単の穴に徹するなら2レースか3レースの平場の多頭数・未勝利戦となる。

もちろんそれだけ買い方も難しくなるのだけど(爆)、「単勝オッズだけで3連単の買い方を決めてはいけない」ことだけは、少なくとも言えそうだ。3連単に限った話でもないが。

穴党の皆さん、単勝人気を見て「あ~この馬、人気やんか~」と言うだけで、他の馬券で切ってしまうことのないように・・・。

2008.06.26

ユキチャン騒動はこれから?

ユキチャンの関東オークス制覇に
ワイドショーも大騒ぎだったそうだが、
まだまだこの兄弟(妹)たちは
何かやりそうな気配。

全兄のホワイトベッセルは知られた存在だが、
先日のダイスポによると、
全妹の1歳馬(芦毛)、今年生まれた全弟(シラユキヒメの08)はまたまた白毛と
クロフネ×シラユキヒメの産駒はまだまだ続くのだから。

その当歳馬について
ノーザンファームのN氏も
「線の細い傾向があった割りに、この仔はつくりがしっかり。金子オーナーも『産駒がどんどんよくなってる』と言っていた」 そうで・・・。

ユキチャンという名前のインパクトもあったと思うのだが、全弟はどんなデビューを果たすのだろう。

P.S.
全く関係ないけど、ユキチャンに先日騎乗した武豊が「ごくせん」に出演するそうで・・・。

より以前の記事一覧

馬twitter

無料ブログはココログ